×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナイキとゴルフの関係は?

ナイキとゴルフを結び付けられない方がまだまだ多いようです。ナイキといえばスニーカーという考えをしている方も多いですが、最近ではナイキのCMでもタイガーウッズが出演するなど、ナイキでゴルフ用品やゴルフクラブを扱っていると初めて知った方も多いと思います。そもそもナイキ(NIKE)は、1964年に創業したブルーリボンスポーツ社という会社が起源です。NIKE(ナイキ)という社名になったのは1978年のこと。ナイキのスニーカーでは当たり前になりましたが、かかと部分へ空気を入れる「エア」技術を世界で最初に導入し、スニーカー史上に一石を投じたところからナイキはスポーツブランドとしての地位を確立していきました。ナイキのゴルフ用品は、ゴルフ初心者の方に使用される方も多いです。テレビでのゴルフ中継で、宮里 藍選手や上田 桃子選手などのゴルフウェアでナイキ・ゴルフのゴルフウェアや帽子を着用しているケースが多いためと思われます。


>>ナイキのゴルフクラブ一覧はこちら

ナイキ・ゴルフのゴルフクラブは性能が悪い?

ナイキ・ゴルフのゴルフクラブは、タイガーウッズや片山晋吾選手が使用しているのにも関わらず、ゴルフクラブとしてナイキのゴルフクラブは性能が悪いという噂が聞かれたりします。ナイキ・ゴルフのクラブは性能が悪いのでしょうか?ナイキ・ゴルフはもともとのゴルフ界への参入が遅く、ミズノやダンロップ、ブリヂストンなどのゴルフメーカーに先を越されている状態でした。そこで、ナイキらしくナイキ・ゴルフのCMにはタイガーウッズを起用したりしてナイキ・ゴルフの知名度を上げようとしましたが、実際のナイキ・ゴルフのドライバーやアイアンなどは扱いが非常に難しかったこともあって、日本のアベレージゴルファーに対して受け入れられなかったことで、ナイキ・ゴルフのゴルフクラブ=性能が悪いと酷評される結果となったのです。しかし、最近のナイキ・ゴルフのドライバーやアイアンは、アベレージゴルファー用の性能改変でかなりゴルフクラブとしての性能も向上してきました。若い世代はナイキ(NIKE)というブランド力を知っていますのでナイキ・ゴルフに対しても柔軟な姿勢をみせているので、ゴルフウェアやシューズなどは人気があります。

ナイキ・ゴルフのウェア・シューズ

ナイキ・ゴルフのウェアやシューズなどのゴルフ用品は、やはり若い世代のゴルファーに人気があるようですが、使用しているプロゴルフ選手が大物すぎることもあり、また少ないこともあって、ナイキ・ゴルフのゴルフ用品の知名度が低いことが、ナイキ・ゴルフの欠点ともいえます。最近のゴルフ専門店でもナイキ・ゴルフのドライバー、アイアン、ウェア、シューズ、ボールなどのナイキゴルフ商品の取り扱いが増えていますので、一度スイング練習なども兼ねてゴルフ店を訪れてみることをオススメします。ナイキ・ゴルフのエア・シューズなどはデザインで見ても良いものが多く、ゴルフウェアやヘッドカバーなどはさすがNIKE(ナイキ)!と言えるほど目立つ商品が多いです。あまり使っている人が少ない今だからこそ、ナイキ・ゴルフのアイアンやドライバーなどのゴルフ用品を使用して練習することで、他のゴルフプレイヤーとの差をつけるチャンスともいえるでしょう。

Copyright © 2007 ナイキのゴルフ 研究クラブ